« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

今週末のサンアリーナのイベント

今週末のサンアリーナでは、日曜の夜に美しいハーモニーをどうぞ!

ラウンジコンサート ルバート2007

日時:12月2日(日) 19:30~20:20
出演:≪EST≫スコラーズ (イーエスティースコラーズ) 津市で活動する合唱団Vocal Ensemble≪EST≫の中心メンバーで構成されたグループ。
数回のコンサートを開催し、各種イベントに出演。ルネサンス作品からアカペラコーラスまでのレパートリーを持つ。スコラーズ+αで構成したメンバー ≪EST≫シンガーズにて、宝塚国際室内合唱コンクールのロマン派部門・シアターピース部門ともに金賞。シアターピース部門で総合1位。(三重県営サンアリーナホームページより転載)

「EST」は、上の紹介のように宝塚国際合唱コンクールで、また国内でも多数の団体が出場する全日本合唱コンクールでも常に素晴らしい成績を残し続けている(今年も全国大会一般B部門金賞)、国内でもトップクラスの合唱団です。

私も数年前にはよく演奏会を聞きに行っていたのですが、本当に素晴らしい合唱団です。
3回目公演のあとにはぜひサンアリーナでESTの合唱を聞いてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップサーカス神戸公演の詳細

神戸公演の詳細スケジュールがホームページにアップロードされました。

公式ホームページ

この5年間で3回目の公演ということで、神戸にはポップサーカスのファンの方もたくさんいらっしゃると思います。

……ということは……よい席はお早めに!前売販売は12月10日からです。それまでに予定を立てて、一番乗りで一番いいお席をゲットしちゃいませんか?

「冬来たりなば春遠からじ」待ち遠しい春休み、ゴールデンウィークのお出かけは、ポップサーカスへどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人気!トランポリン挑戦コーナー

ポップサーカスのプログラムの中でも、アーティストと触れ合えるということで大人気の「トランポリン挑戦コーナー」。
今日は挑戦されたお客様の感想と、アーティストから今までにあったおもしろハプニングを聞いてみます。

トランポリンコーナー、まずはアーティストによる素晴らしい技の披露です。

Taiken01mie

さあ、次は挑戦コーナー。元気に手を上げてアピールしているお客様から選んで挑戦していただきます。

Taiken02mie
試しにぴょんぴょん。けっこう難しいかな~?
Taiken03mie_407_2
え、これをワタシがするの~!?!?!?
Taiken05mie
ヨイショ!ヨイショ!アーティストもちょっとお手伝い
Taiken06mie
できました!!

挑戦されたお客様に感想をききました。
――当てられたときはどんな風に思いましたか?
ドキドキしました!
――跳んでみて、どうでした?
すごく楽しかったです。もうなんかわからない感じになって、「できるのかな~?」って思いました!
――クラウン・アーティストにひとことどうぞ!
すごくかっこいいです!やっぱりプロですね!!頑張ってください!。

次に、「トランポリンのお兄さん」つよしさんにきいてみました。
――面白いハプニングはありましたか?
面白いハプニングというか……トランポリンは見た目以上に足腰に負担がかかるし、地面の上と感覚が違うので、初めて跳んだ直後にはしばらく足腰がガタガタするんですよ。お客さんの中にはトランポリンから下りて、座席までいつもどおりの感じで歩いていけない人もいました。
――気をつけていることはありますか?
挑戦コーナーは「サーカスとお客さんのコラボレーション」なので、アーティストと観客という枠を取り払って、一緒になってサーカスを作っていくように気をつけています。

そうそう、挑戦コーナーといえば、クラウン・ポピアーノです。
――どうやったら、あててもらえるんですか?
とにかく目立つこと。大声でアピールしたり、立ち上がって手を振ったりしてね!
あと、座る場所が後ろのほうよりやっぱり前のほうがよく目立つかな!
――なにかおもしろいエピソードはありますか?
うーん、そういえば、岐阜公演で挑戦してくれた女の子で、なんといきなり着ていた服を脱いだかとおもったら、下に体操用のレオタードを着ていた子がいたな。
「トランポリンやりたい人!」って言ったら、お父さんと猛アピールしてました。だから思わず選んじゃった。ほんとにすごくやりたかったんだね!衣装まで着てくるんだから。ポピアーノとしては、とてもうれしいよ。

楽しい挑戦コーナー、ぜひあなたも参加してください。こんど観に来られるときは元気よく手を上げてみてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこ焼き、いかがですか~

急に寒くなってきたこの季節、ポップサーカスの売店でも人気が上がってくるのが、ほかほかのたこ焼きです。

たこ焼き焼いて??年、ポップサーカスの現場メンバーでもおそらく最年長の「おかあさん」が心をこめて焼くたこ焼きは、とろーり、ほかほか!特製ソースも香ばしくて食欲をそそります。

Takoyakimie

手に汗握る緊張と興奮のステージをご覧になって、「もう、自分がパフォーマンスしてるんじゃないかっていうくらいドキドキして、大変!おなかがすいちゃった~!」というあなた、売店でたこ焼き買って食べましょう。おなかを満たして、後半のショーもじっくりご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絆の森

サンアリーナの裏手にある「絆の森」。
昨年、遊歩道が整備されて一般に開放された広さ約10ヘクタールの森です。

先日、登ってみました。

サンアリーナから頂上の展望台まで約30分ほどの道のりです。なかなか勾配も強いので、スニーカーなど動きやすい服装で向かわれたほうがいいかもしれません。普段から運動不足の私は途中で若干息が切れましたが、普通の方なら全く問題のない程度のコースだと思います。
頂上からは伊勢平野とそこに点在する丘、五十鈴川そして伊勢湾を一望することができました。

もちろん、サーカステントも!

Kizunamie

遠くから見てもかわいいテントです。

ポップサーカスのアーティストの鍛え抜かれた肉体をご覧になって「う~ん!!同じ人間なのにああも違う人間がこの世にいるとは~!とりあえずこのゼイ肉を何とかしなくては……」と思われた方、上って降りるだけでしたら一時間少しで足りますので、食べちゃったポップコーンとアイスクリームのカロリーを消費がてら、朝熊の自然を満喫に行かれてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重公演、3万人目のお客様がご来場

昨日11月23日、ポップサーカス三重公演では3万人目のお客様をお迎えました。

幸運な3万人目のお客様は伊勢市内から来られた9歳のお子さんで、お母さんとご一緒でした。突然の「3万人目で~す!」にとってもビックリされていましたよ!

2回目公演の開幕前にセレモニーが行われ、三重テレビ放送から三重テレビオリジナルグッズ、中日新聞社からホンロンのぬいぐるみなど、ポップサーカスからも記念品がプレゼントされました。

3manmie

さあ、次は5万人目です。あなたかもしれませんよ!三重公演は12月9日までで終了します。あと2週間です。絶対見逃せないポップサーカスにぜひいらしてください。

☆中日新聞に紹介されています~ポップサーカス入場者3万人突破

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鳥羽で遊覧船に乗りました!

昨日は志摩マリンレジャー様のお招きをいただき、ポップサーカスのメンバー40名ほどで鳥羽の島巡り遊覧船に乗り、イルカ島でショーをみました。

まずは「竜宮城」に乗り込んでイルカ島へ。

Ryugujomie_2
竜宮城

Tarobeforemie
浦島太郎(ビフォア)

昨日は真冬並みの寒さだったということで、デッキに上がると飛ばされそうなほどに風が吹き、かもめが間近で群がっていました。
Kamomemie

すごい風!かもめだらけ~!大興フンでかもめと遊んでるあいだに幸ウンをプレゼントされるメンバーもいたりして、なんだか妙にハイテンションで浦島太郎や乙姫と記念撮影をしたり、島を眺めたりしました。

Otohimemie
乙姫様
Taroaftermie_200_2
浦島太郎(アフター)

イルカ島では、まず山に登ってかもめ劇場でアシカショーを、そのあとにイルカ池でイルカショーを見学しました。
Ashika02mie
かわいらしい芸を披露するライバル?の熱演に歓声を上げて見入っていました。
Ashika01mie

帰りもまた「竜宮城」に乗り込んで鳥羽まで。帰りの船内でアーティストたちに感想を聞きました。

「いつもはショーを披露する側のぼくたちにとって、小さなステージでのアシカのショーはとてもいい息抜きになりました。セッティングしてくださった皆さんに感謝します」(ジーノ)

「小さな島の小さなステージでのアシカのショーは、とってもかわいかったです!!」(リゴ)

「島もとても美しくて、楽しかったです。あとは……かわいいオンナノコがいなかったのが残念だったなぁ(笑)」※冗談です(中国雑技団メンバー)
雑技団メンバーには思わず突っ込んじゃいました。
「ほら、あそこにカワイイ娘(漂亮ピャオリヤン!)、いるでしょー」

Otohime02mie
かわいいオンナノコ

とても楽しい休日を過ごすことができました。ありがとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星降るサンアリーナ

三重県営サンアリーナの近辺はほとんどすべてを山に囲まれ、夜中になると本当に真っ暗になります。

サンアリーナに到着したときに想像したとおり、晴れた夜には降るような星空が見られます。
メンバーの間でも星空の美しさは大評判です。

風邪をひかないようにたくさん着込んで、空を見上げると、星座早見盤(こんなこともあろうかと実家から持ってきてました)に小さ~くし載っていない星も、しっかり見つけることができました。

夜間は立ち入りができませんので、この星空を見られるのもサーカスメンバーのちょっとした特権です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テントと背比べ!

先日テレビを見ていると「ガンダムの身長は18メートル……」というのが何気なく聞こえてきました。

「18メートルかぁ……」思わず宿舎の外に出てテントを眺め、「18メートルっていうと、あのへんに頭があって、あのへんにアムロが乗ってるって感じになるのかぁ。ビームサーベルもすごく長いんだろうなぁ……」なんて、思ってしまいました。(参考「玩具放浪記」古今東西ロボット背比べ

ポップサーカスの大テントのてっぺんまでの高さは約20メートル。ビルでいうと約5~6階建てに相当します。
ほかに、背の高いもの・長いもので比べてみると、奈良の大仏さんの高さが14.7メートル、神戸ルミナリエのフロントーネ(トンネルのように続くガレリアの入り口の一番大きいゲート)も約20メートルです。変わったところでは「世界一の長さの焼き鳥」(20.71メートル)というのもありました。

入場待ちの時間に、テントを眺めながら「そうか、これくらいの大きさか~」なんて想像をするのも楽しいかも知れませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クラウン」の理由

ポップサーカスにたくさんのアーティストがいます。その中でもお客様とアーティストのあいだをつなぐ重要な役割を果たしているのが「クラウン」です。

ところで、こんな疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?
「ポップサーカスではなんで『ピエロ』じゃなくて『クラウン』なの?

というわけで、お答えしましょう。ピエロ・クラウンの起源については諸説ありますがそのうちのひとつをご紹介します。

ピエロというのは、もともとはイタリアで生まれた即興喜劇芝居(コメディア・デ・ラルテ)の役の名前です。時代は、14世紀頃、日本では織田信長や豊臣秀吉の活躍した頃です。
コメディア・デ・ラルテがヨーロッパを興行してまわるうちに、劇の中に、「ピエロ」という名前の登場人物が現れました。白いだぶだぶの服を着た、涙が一番似合う、カナシイ感じのキャラクターでした。

その「ピエロ」さんが、先に日本に紹介されため、日本人は道化師を「ピエロ」と呼ぶようになりました。

一方、クラウンは、19世紀頃、日本でいうと幕末以降に、イギリスのある天才喜劇役者が演じた、ちょっとおつむの足りない田舎者の役がはじめだといわれています。

「クラウン」は有名になり、おどけ者を指す言葉として使われるようになりました。

ちょうどそのころ、イギリスでどんどん盛んになってきていたサーカスでは、舞台の道具の出し入れや芸の入れ替えの時間をつなぐ役割が必要になってきていました。
そこで、アーティストがバッチリ成功させてみせるアクロバットを、ド派手に失敗して見せて笑いをとる芸人が現れ、人気を集めました。それが、「クラウン」と呼ばれるようになりました。

「クラウン」は、サーカスの歴史とともに、大失敗だけではなく、アクロバットをしたり、寸劇をしたり、マジックを披露したり、動物との芸をしたりするようになってきて、それが今ポップサーカスにいる「クラウン」のもとになっているものです。

カナシイ涙より、みんなと大騒ぎするのがよく似合っているポップサーカスのクラウンは、まさに「クラウン」というわけです。

ほかにも、サーカスショーについて、不思議に思ったことやちょっとした疑問などがあれば、ぜひお寄せ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雑誌・フリーペーパー・ポータルサイトなどでの紹介

ポップサーカス三重公演を、たくさんの雑誌・フリーペーパー・ポータルサイトで紹介していただいています。

<雑誌>
月刊くじら12月号‘街ネタ’
ワイヤーママ11・12月号’ママネタ’
Simple11月号イベントガイド

<フリーペーパー>
poT. 秋号
海の道 第28号
XACTY10・11月号
Kuun 11月号

<インターネットサイトなど>
伊勢松阪.com
伊勢市観光協会
プラス伊勢
二見町旅館組合イベントカレンダー

などなど……!ご協力ありがとうございます。
みなさまも、もし、こちらの雑誌などお手元にありましたら、ぜひ一度探してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップサーカスのCM動画を公開

ポップサーカスは各公演地の主催・共催のテレビ局などでポップサーカスのCMを放映しています。

今まで公演地の近隣地域でしか見ることのできなかったコマーシャル動画ですが、インターネットでポップサーカスを知ったあなた、公演会場から遠いところでポップサーカスを応援してくださっているあなたのためにブログとYouTubeで公開できることになりました。なお、実際のショーでは若干内容が変更されている場合がありますのでご了承ください。


インターネット上での公開をご承諾くださった、コマーシャル動画制作関係の方々に心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猿田彦神社の七五三祭にクラウンが!

11月15日といえば七五三……というわけで、伊勢で七五三といえばここ!という猿田彦神社にクラウン3人がお祝いにかけつけました。

境内は、晴れ着姿のかわいらしい子どもたちと、ニコニコ嬉しそうなお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃんでごった返していました。突然のクラウンの登場にみんなビックリ!

Saruta01mie

サーカスをもう観に来てくださっていて、とっても嬉しそうな子どもさんや、晴れ着を着てるだけで緊張気味な上に、クラウンが現れて固まっちゃった子どもさんなど、いろいろおられましたが、みなさん最後には笑顔で!一緒に七五三をお祝いすることができました。

Saruta03mie
パパも大はしゃぎ
Saruta04mie
ちょっと緊張気味かな?
お子さんの晴れ着姿、本当にカワイイですよね!普段の神社とは少し違うほのぼのとした空気が流れていました。

続きを読む "猿田彦神社の七五三祭にクラウンが!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップサーカス神戸公演開催決定!

神戸大好き♪ポップサーカスが3回目の神戸公演を開催いたします。
詳細は追ってお知らせします。

会場:イオンモール神戸北特設大テント会場(神戸・三田プレミアムアウトレットモール隣)
期間:平成20年3月8日~5月11日(水曜休演)
連絡先:神戸第一営業所 TEL078-366-4661 
                FAX078-366-4662

北神戸での開催は2003年のフルーツフラワーパーク公演以来5年ぶりとなります。
ショッピングセンターやアウトレットモールなど楽しめるスポットも増えてさらに魅力的になった街でまた公演を開催できることになり、一同張り切っています。
サーカスの入場券半券持参でフルーツフラワーパーク入園が20%OFFになるお楽しみもついてます。チューリップの季節のフラワーパークなんかデートにもってこいですよ!!楽しみですね!

皆様のご来場をお待ちしています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンアリーナ今週末のイベント

三重県営サンアリーナでの今週末のイベントをご紹介します。ポップサーカスとあわせて参加されてみてはいかがでしょうか?

「第1回いせしま綱曳き大会」
11月18日(日)9:30~(16:00終了予定) メインアリーナ 観覧可

式年遷宮の際のお木曳きの「曳き」が使われているところが伊勢らしいところです。なんと!成年の部の賞金は10万円だそうです!出たい!(参加申し込みは締め切られています)

公演がありますので出場できませんが、サーカスメンバーも出場できたらきっと強かったのに!!アーティストに体力があるのはもちろん、スタッフだって毎回の移動作業で相当な体力がついています。チームワークも抜群です。う~ん、残念!

小学生の部から青年の部までありますので、賞金10万円をかけて白熱した戦いを、応援するのもきっと楽しいと思います。

「綱引き」で検索するとこんなホームページが出てきました。

運動会綱引きの必勝法!

久しぶりに綱引きも楽しそうですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重県営サンアリーナへのアクセス

ポップサーカス三重公演の開催されている三重県営サンアリーナへのアクセスについて、たくさんお問い合わせをいただいています。今回は公共交通機関で来られる場合のアクセスについてご案内します。

電車をご利用の場合、近鉄五十鈴川駅(特急も停車します)およびJR二見浦駅の利用が便利です。

なお、土日祝日の3回目公演をご覧の方は、終演後にサンアリーナを発車するバスがありませんので、タクシーなどをご利用下さい。

続きを読む "三重県営サンアリーナへのアクセス"

| | コメント (0)

サンポート高松がサーカス色に染まる!?

今回は高松のふぐ丸(高松公演営業担当)さんから高松での盛り上がりをリポートします。
**********************************************************************************************
はい、どうも!高松公演担当のふぐ丸です。すっかりご無沙汰しておりましたが、世間は秋の気配を感じる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

さて、高松公演の開催もいよいよ来月に迫ってまいりました。今、香川県の小豆島ではちょうど紅葉シーズンで木々が赤く染まっておりますが、ここ高松でもJR高松駅前はサンポート高松を中心に"サーカス色"に染まっていますよ!?

それでは、順番にご紹介していきましょう。
まずは、JR高松駅前広場には開幕ムードを盛り上げる為、街灯の何ヶ所かにサーカスの開催告知用のバナーが取り付けてあります。何本あるかは実際に見て確かめてみてください。

次に、サンポート高松内にある「シンボルタワー」に掲げてある巨大なPR幕が一段と目を引きます!どれだけ大きな幕かは、下を歩いている人と比較してみてください。関係者の話によると「こんな大きな幕を取り付けたのはポップサーカスが"初めて"らしいです!」おぉ~スゴイ!!

Bigbannertk

Bigbanner1tk_2

最後は、そのシンボルタワー内『マリタイムプラザ3F』の一角にて、"サーカスPR展"を開催中です。サンポート高松を訪れるみなさんにもポップサーカスの魅力をいち早く知ってもらおうとポップサーカスを代表する演目の写真パネルが8点飾ってあります。さらにパネルだけではなかなかポップサーカスの魅力は伝えきれないのでサーカスショーの映像もダイジェスト版で放映しちゃっています。おぉ~豪華!!

Paneltk

テーブルとイスも置いてありますので、マリタイムプラザでのお食事の後やお買い物の合間にも利用できる様にちょっとした休憩スペースとなっています。サンポート高松へお越しの際は是非『マリタイムプラザ』内にあるポップサーカスPRブースへお立ち寄りください。

それでは、またお会いしましょう。
********************************************************************************************
高松の皆様、どうぞお楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重公演ご来場者1万人

昨日2回目の公演で、ポップサーカス三重公演に1万人目のお客さまが来場されました。

伊勢市御薗町の2歳の男の子で、お父さん、お母さんと一緒にサーカスを楽しまれました。
開演前にステージ上でセレモニーが行われ、二見シーパラダイス…(株)夫婦岩パラダイス社長の望月靖彦様より、二見シーパラダイスのご招待券などが、中日新聞社よりホンロンのぬいぐるみ(すごく大きい!)など、ポップサーカスのクラウンよりサイン入りパンフレットなどがプレゼントされました。

中日ドラゴンズ日本一で、ホンロンのぬいぐるみは品切れ状態だそうで、今日の1万人目さまは重ねてラッキー!です。

男の子はもちろん、お父さん・お母さんもとても喜んで帰られました。

さあ、3万人目はあなたかも知れませんよ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全祈願@伊勢神宮その3

10月31日に行われた伊勢神宮での安全祈願の様子、その3です。

横からご正宮を見ることができるおすすめスポットを案内していただいたあと、神楽殿に移動して「大々御神楽」で、安全祈願をいたしました。

Mie_087s

広い神楽殿に通していただき、皆で座ってお願いをいたします。

御神楽の儀は、
「神饌及び諸員を祓い清める」→「神饌をお供えする」→「祝詞を奏上する」→「倭舞を奏行する」→「人長舞を奏行する」→「神饌をお下げする」の順で行われ、全部で40分ほどかかりました。

白い装束の巫女さんも、神官の方の威儀を正した姿も、音楽の教科書でしか見たことのなかった舞楽の生演奏もとても素敵でした!!

神楽の奏される間私たちが座っていたのは畳敷きの広間だったのですが、外国人のメンバー(いや、日本人のメンバーも!)床に座っての40分はちょっと大変だったらしく、終わった後ヨロヨロしている人もいました。

最後に、今日の感想をききました。
「なんだか、自分がどんどん日本人になっていくような感じがしました」(むろむろ←日本人です)
「ちょっと観光気分で来たのですが、中国の文化との共通点もあって興味深かったです」(雑技団メンバー)
「I like so much!!(すっごく気に入っちゃった♪)」(キレニア)
「Verry pure!(とっても清らかな感じがするね!)」(ルイス)

「これから12月9日まで、どうか無事にたくさんのお客様に楽しんでいただけますように!」
メンバー一同の願い、たとえ中国語や英語やスペイン語で念じられたものだとしても、必ずや天照大神に届いていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末の三重県営サンアリーナ

今週末のお出かけの参考に、三重県営サンアリーナでのイベントをご紹介します。

「全国土佐犬選抜競技大会」
11月10日(土)・11日(日) 9:00~18:00

サンアリーナ周辺の広場には、イカツイ土佐犬がたくさん集まる……と思います。犬の競技会は見たことがないので、どんな感じか気になります!私は勤務中なので見に行けないのですが……!

「サンアリーナラウンジコンサートrubato2007フラメンコユニット『Pleamar』」
11月11日(日)19:30~20:20
伊勢・松阪を中心に活動中の、歌い手、ギター奏者、踊り手の三位一体を大切にしたユニット……とのことです。

フラメンコといえば、日本人はつい赤いドレスで踊るおねえさんばかりをイメージしてしまいますが、実は踊り以外の歌やギターも重要な要素なのだそうです。
秋も深まり肌寒くなってきましたが、こうしたコンサートでスペインの情熱に触れると体の芯から熱くなれるかもしれませんね!

ポップサーカスとあわせて、ぜひこちらのイベントにも参加されてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニュメント「であい」

サンアリーナの前、ポップサーカスの会場から見ると左前方にあるモニュメント「であい」。
万博記念公園の「太陽の塔」で有名な岡本太郎さんの作品です。
1994年にまつり博・みえ(世界祝祭博覧会)の際に作られたモニュメントで、岡本太郎さんが亡くなる2年前の作品です。

 

Deaimie

よくよく調べると金色のほうが「男」銀色のほうが「女」だそうです!

指定席・ファミリーボックスをお持ちでしたら、開演までモニュメントの周りのベンチでのんびりするのもいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全祈願@伊勢神宮その2

さて、10月31日に行われた伊勢神宮での安全祈願の続きです。

御正宮での参拝に続いて、案内されたのは現在の御正宮の隣にある「新御敷地」。今のところ、特に何もないのですが、平成25年には式年遷宮によりこちらが御正宮になります。常に新しく作り直すことで神様も若返り瑞々しい力を持つようになるそうです。

そして、新御敷地から荒祭宮に抜ける細道が、じつは案内してくださった神宮司庁の広報部長さんのおすすめスポット!ここから、御正宮を拝むことができ、内宮の10本の鰹木、水平切の千木を確認することができます。

Mie_086s

また、その細道にあるお米の神様をまつる御稲御倉は、「御正宮のほぼ5分の1のサイズで、同じようなつくり(神明造)です」とのことです。柱の3分の1が土の中に刺さり、萱で葺かれた建物で、扉には飾り金具がついています。
20年毎の遷宮には、こういったものを作り続けられる伝統の技術を守るという大事な役割もあるというお話でした。

そして、荒祭宮へ。ここは天照大神の荒御魂(格別な神威をあらわされる姿)がお祭りされており、お願い事をするのはこちらがいいそうです。同じ天照大神でも御正宮にお祭りしている姿は、穏やかな姿の和御魂なので、感謝の気持ちをこめて無事を願うには御正宮がいいそうです。

全く純和風に見える伊勢神宮ですが、新御敷地に配された白黒の石や、御稲御倉の飾り金具など大陸の文化にも影響を受けているということで、雑技団のメンバーにもそのような説明がされました。

このあと、神楽殿での祈願へ向かいますが、続きはまたこんど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポップサーカス三重公演の感想をお寄せ下さい

とうとう開幕したポップサーカス三重公演。
連日たくさんのお客様にお越しいただいています。

ドキドキ!ワクワク!ハラハラ!ブルブル!ゲラゲラ!ウルウル!ニコニコ!ジリジリ!

同じテントの中で同じ時間を共有する1000人近いお客様ひとりひとりに、きっといろいろな想いがあることでしょう。

あなたのご感想をぜひお寄せ下さい。短いものも長いものも大歓迎です。お待ちしています!

| | コメント (18) | トラックバック (1)

三重公演きょう開幕

ポップサーカス三重公演が今日、開幕いたしました!

朝から雲ひとつない快晴、そしてサンアリーナでフリーマーケットもあるということで、はやい時間からたくさんの人でにぎわっていました。

今回三重公演でも初回公演開演前には、ステージ上にてオープニングセレモニーが行われました。

伊勢市長 森下隆生様よりご祝辞、中日新聞三重総局長今原隆様よりご挨拶をいただいたあと、伊勢市長様、中日新聞三重総局長様、三重テレビ放送業務部長 岩間よし晃様、サンアリーナ常務取締役 荒川治衡様、およびポップサーカス社長久保田将利が紅白のテープに鋏を入れ、ポップサーカス三重公演が開幕しました。

初日からたくさんのお客様にワクワクドキドキ、幻想的でエネルギーあふれるショーをご覧いただきました。

これから38日間、スタッフ・アーティスト一同頑張ってまいります。
ぜひ、三重県営サンアリーナ特設大テント会場にみなさんお揃いでいらしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうとう明日開幕、ポップサーカス三重公演

とうとう三重公演の開幕も明日に迫りました。

昨日はメンバー全員参加での消防訓練が行われました。
内容は、客席からの避難誘導の訓練と、消火器のの使い方の講習です。
この成果、生かす機会がないように、安全に気をつけてまいります。

Firedrillmie001_2
消火に向かいます
Firedrillmie002
消火完了

今日は本番さながらのリハーサルが行われました。アーティスト代表としてリングマスターに意気込みをききました。

「より洗練されたテクニックとチームワークで、ショー全体がぎゅっと引き締まった内容の濃いものとなっています。違うチームのアーティスト、またスタッフも含めて、ひとつのショーをつくっていく『あうんの呼吸』がいっそう密なものになっていることが今日のリハーサルで確認できました!ぜひ来て下さい!!」

また、会場設営も、それぞれの会場の立地条件に合わせて、開幕直前まで「どうしたらお客様に気持ちよく見ていただけるか」を考えながらの作業となっています。

なお、県営サンアリーナでは、11月3・4日に南勢地区最大規模のフリーマーケット「わいわい広場・2007秋」が開催されます。開始時刻は10時ですので、ぜひサンアリーナまで早めに到着して、覗いてみてはいかがでしょうか。フリマは朝が勝負!らしいので、まずはフリマでガッツリお買い物、そしていい買い物できた快感とともにどーんとサーカス鑑賞というプランで、ぜひお出かけ下さい。

さあ、スタッフもアーティストも準備万端ととのって、あとはあなたのおみえを待つばかりです。絶対に観にいらしてくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全祈願@伊勢神宮その1

昨日10月31日、伊勢神宮で安全祈願をいたしました。

伊勢神宮の、そして日本のサーカスの長い歴史の中で、サーカス団が団体として安全祈願を行うのは初めてのことです。

今回の祈願は、御正宮への参拝→新御敷地・御稲御倉の見学・荒祭宮への参拝→神楽殿での神楽、の順で行われました。

まずは集合場所の神楽殿前へ向かいます。中国雑技団のメンバーは、途中の御厩では「馬だ~」池では「鯉だ~」と盛り上がっていました。すっかり観光気分です。

そこから、神宮の方のご案内で御正宮へ。そびえ立つ神宮杉は樹齢800年から1000年(鎌倉時代から生きてる!)で、8人ほどが手をつながないと抱えきれないほどの太さがあります。

Mie_078s_2

御正宮は四重の垣根に囲まれていて、中をのぞくことはできません。一つ目の垣根を入ったところでメンバーが、もうひとつ中に入ったところで社長以下関係者の皆様が、同時に二拝二拍手一拝で公演の安全と、最高のショーを披露できること、たくさんのお客様にお越し頂けることをお祈りしました。

Mie_082s

私は、伊勢神宮に来るのはもう4~5回目ほどになるのですが、もうひとつ垣根の中に入ることができるなんて知りませんでした!(もちろん特別にお取り計らいをいただいています)背広にネクタイを着用した改まった身なりでないと入れないそうです。

お祭りをされている天照大御神は、女性神で、皆をお母さんのように見守ってくれており、お願い事は必ず聞き届けてくださるという、神宮の方のお話がありました。

だいぶ長くなりそうですので、続きはまたこんど……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »