売店のおすすめ商品

沖縄公演限定!屋台風売店!

ここ数日はお天気も温かくなり、晴れていい陽気ですsun
沖縄公演での特色の一つには屋台風の売店があげられます。毎日お祭りのような賑わいで売れ行き好調です♪

Dscn0182

Dscn0188

屋台風売店の商品です。売れ行きベスト3はポップコーン、フライポテト、たこ焼きだそうですよ!

Dscn0209

出来たてホカホカで品数豊富です!ちょっと早めに会場にきて、売店をうろうろ、ぱくぱく楽しむのもいいですね。

食べながらショーをご鑑賞される方は、驚いてポップコーンなど落としてしまわないようご注意!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

場内でも元気に販売中!

アメリカの古いサーカス映画を見ていて思ったのですが、お客さん、映るたびに必ずなんか食べてます。サーカスと手に持って食べられるような軽食類は昔から切っても切り離せないもののようです。

ポップサーカスの会場は、外で買われたもののお持込はお断りしておりますが、その分会場内売店の軽食ラインナップはかなり豊富です。

売店ではもちろん、入場時や休憩時間には大テント内でも、元気な売り子さんがいろいろな商品を販売しています。ポップコーン・アイスクリーム・チュロスやたこ焼きなど……。(日や時間によっては売ってない時もあります)売り子さんによると、「カゴの中身全部売り切ったときの爽快感は格別!」だそうです。

気になる商品がありましたら、どうぞ声をおかけ下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たこ焼き、いかがですか~

急に寒くなってきたこの季節、ポップサーカスの売店でも人気が上がってくるのが、ほかほかのたこ焼きです。

たこ焼き焼いて??年、ポップサーカスの現場メンバーでもおそらく最年長の「おかあさん」が心をこめて焼くたこ焼きは、とろーり、ほかほか!特製ソースも香ばしくて食欲をそそります。

Takoyakimie

手に汗握る緊張と興奮のステージをご覧になって、「もう、自分がパフォーマンスしてるんじゃないかっていうくらいドキドキして、大変!おなかがすいちゃった~!」というあなた、売店でたこ焼き買って食べましょう。おなかを満たして、後半のショーもじっくりご覧下さい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏といえばかき氷

昨日・一昨日と、記録的な猛暑だったとのこと、もちろんポップサーカスのテントはキンキンに冷えていますので大丈夫なのですが、やっぱりお外は暑かったですね!!

そんなときにはやっぱりかき氷!

といいつつ、私は今シーズンまだかき氷を食べていません……。
そんな方、けっこう多いですよね!ぜひ、ポップサーカスで食べていってください!

ポップサーカスのかき氷は、シロップをセルフサービスでかけていただきます。種類はイチゴ・レモン・メロン・ブルーハワイの4種類。もちろんミックスもOKです。

かき氷係のスタッフに聞くと、「子どもさんたちが嬉しそうにかけてます。人気があるのは……やっぱりイチゴですかね~その次がメロンです。でも味っていうより色で選んじゃう子もけっこういますよ。」とのこと。
憧れのなんとかレッド(戦隊モノ!?)みたいになれるかな?

そのほかポップサーカスの売店はオリジナルグッズやおもちゃなどももりだくさんです。通信販売はしておりません。会場限定での販売です。

スタッフ一同、暑いけれど元気いっぱいでお待ちしています!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サムライサイダー販売中

まずはこのリンク先をどうぞ!

三河武士サムライサイダー

この、三河国仮想城下町のさわやかなドリンク、「サムライサイダー」をポップサーカス売店で販売しています。

私も飲んでみたのですが、おいしかったです。あっという間に飲み干してしまいました。
そして、控えめな甘みがサムライのクールさを、ほどよい炭酸が心の奥に秘めたやさしさを、澄んだ味わいが実はピュアーなココロを表現している……のかもしれない……と、勝手に解釈いたしました。

感想はさておき、昭和43年発売の地サイダー「五万石サイダー」がサムライ三河武士(四)パンキー・サカイと出会いカスタマイズされた「サムライサイダー」。
発売当初からの昔なつかしい素朴な味わいを残しながらリデザインされました。
木曽川伏流水
のおいしい水にこだわっています。

ガラス瓶入りのサイダー、久しぶりに飲んだのですが、 瓶の冷たい感触が、「夏!」な感じで手にした瞬間からうれしくなっちゃいました。
Samuraicider

さわやかさにご満悦なパンキー・サカイの横顔を目印に、どうぞお買い求め下さい。

☆雑誌に紹介されています。
リバ!7月号
「サムライ対談 三河武士サムライプロジェクトを語る!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)